ロレックスは修理に出そう|業者選びが肝心

高級時計のメンテナンスは

ウォッチ

安さだけを優先しない

ロレックスのような高級時計は、定期的にメンテナンスする必要があります。オーバーホールと呼びますが、点検、修理、清掃をして時計の機能を維持するメンテナンスです。ロレックスの場合、日本の公式メーカーとして日本ロレックスがあり、修理やメンテナンスもサポートしています。それ以外にも、高級時計を専門に扱う修理業者に依頼してもオーバーホールは可能です。4〜5年に一度の割合でオーバーホールすることが勧められています。修理やオーバーホールを依頼する業者選びは慎重に行いましょう。日本ロレックスのような公式メーカーであれば、ほとんどの種類の正規部品も揃っていますし、職人の技術も確かであるため安心です。ただ、メーカーということで、修理価格が高くなる傾向があります。ただ、安さだけで修理業者を選ぶのは危険です。高級時計をオーバーホールするには、部品や修理用の道具自体が高価なこともあるからです。あまりに安い業者であると、職人の腕も悪い可能性もありますし、修理不可能な状態にしてしまう可能性もあります。ですから、メーカー以外の業者を選ぶ時には、高級時計のオーバーホールに長い実績があり、職人の腕も確かであることを確認しましょう。実績のある業者は、部品を調達するルートも確保していますし、一級時計技師がメンテナンスを行っていることが記されていれば、職人の腕も確かとえいます。また、修理やオーバーホール後の保証があるか、その保証期間はどれくらいあるか、もチェックしておきましょう。